儲かるFXガイド

ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析とは各国の政治や経済の動向等から、今後の相場の動きを分析する方法です。 経済の「基礎的要因」とも呼ばれています。 具体的には、経済指標、政策金利、重要会議後の発表が挙げられます。これらが相場に与える影響は大きく、その動向に注目が集まるのです。 景気が上向いていることが示されれば、該当する通貨が買われることになります。 逆に景気が下向きと判断されれば、該当する通貨は売られる傾向にあります。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違い

相場を分析する方法にはファンダメンタルズの他に、テクニカル分析もあります。 テクニカル分析はチャートの動きから為替相場の動向を予測する方法です。 政治や経済情勢を判断材料にするのではなく、チャートの動きから「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ相場」と判断していきます。 ファンダメンタルズは各国の重要発表以外にも、紛争やテロ、疫病などの地政学的リスクも判断材料となります。

ファンダメンタルズ分析の特徴

ファンダメンタルズ分析の注意点

ファンダメンタルズ分析は中長期的なトレードで効果を発揮し易く、短期的なトレードはテクニカル分析の方が活用し易いでしょう。 さらにテクニカル分析には核FX会社によって、判断材料となるツールが数多くサポートされています。 基本的なポイントさえ理解すれば、効果を実感できるのは早いでしょう。 対してファンダメンタルズ分析は、各国の経済状況や政治についても理解を深めておく必要があります。 通貨によっていは今月・今年単位ではなく、国の成り立ちから歴史まで把握する必要があるからです。

ファンダメンタルズの要素1:経済指標

米雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率)

大変注目度の高い指標です。毎月第一金曜日の午後9時半(冬時間は午後10時半)に発表されます。 特に重要なのが非農業部門雇用者数と失業率で、為替相場に大きな影響を与えます。 影響力が大きく、注目度の高い理由は以下の通りです。 ①毎月発表されている。 ②統計調査の対象が幅広い。 ③比較的発表時期は早い。 ファンダメンタルズ分析の初心者の方は、まずは米雇用統計から活用してみると良いでしょう。

GDP(国内総生産)

GDPとは一定期間内に国内で生産された付加価値の総額のことを指します。 GDPはほとんどの国や地域で発表されており、その国の経済規模や成長度を示す指標として判断されます。 GDPは四半期ごとに発表されますが、「速報値」や「確報値」等、同じ国の同じ時期の数値が複数回にわたり発表されるのが大きな特徴です。 英国・米国・ユーロ圏は各四半期ともに、速報値・改定値・確報値と3回発表されます。 その中で最も注目されるのが速報値ですが、改定値や確報値でも事前の予測と大きく違う結果になると、為替が大きく動きます。

小売売上高

小売売上高は、百貨店・スーパーマーケット・コンビニ等をはじめとする小売業者の売上高をまとめた指標です。 各国で発表されていますが、多くの国で個人消費はGDPの6割以上を占めています。 その個人消費動向を見極めるためには欠かせない指標です。 小売売上高は毎月発表されています。

鉱工業生産

鉱工業生産は鉱業と製造業の生産高を示す指標です。 鉱業・製造業の生産動向を測る上で重要なだけでなく、その結果からサービス業の景況や個人消費の状況も推測できます。 例えば家電製品が売れていれば、個人消費が伸びていることが分かります。 また、オフィス機器が売れていれば、企業が設備投資に力を入れていることが分かります。 このように鉱工業生産は非常に注目されており、小売売上高と合わせて見ることで、消費動向をより深く把握することができます。

景況感指数

景況感指数とは、消費者や企業の購買担当者、アナリストに現在の景気や今後について聞き取り調査を行い、その結果を指数化したものです。 景況感指数が低ければ景気は悪く、消費者は消費活動を控えていることが読み取れます。 逆に景況感指数が高ければ景気が良く、消費意欲も旺盛であることが分かります。

ファンダメンタルズの要素2:金融政策・政策金利

金融政策とは、各国の中央銀行が行う金融面からの経済政策のことです。 金融政策の代表的なものが、政策金利の調整です。 政策金利とは中央銀行が一般銀行に貸し出す時の金利です。 一般的に中央銀行は景気が過熱しすぎると、金利を引き上げて景気を冷まそうとします。 逆に景気が後退すれば、金利を下げて失速を防ごうとします。 一般的には金利が高い国にはお金が集まりやすくなるため、その国の通貨が上がりやすくなります。

ファンダメンタルズの要素3:要人発言

要人発言とは、おもに各国の政府や中央銀行などの要職についている人物による発言のことです。 要人発言には景気の見通し、今後の金融政策について示唆することがあり、為替相場に影響を与えます。 日本では日本銀行総裁、副総裁、財務大臣、財務長官の発言には注目が必要です。 また米国では連邦準備制度理事会議長、欧州では欧州銀行総裁が同様に、影響力が大きい存在です。 発言次第では市場にとってマイナス材料だったり、既に分かっている「織り込み済み」として、判断されることもあり、発言後の為替の動きには注意が必要です。

ファンダメンタルズの要素4:地政学的リスク

地政学的リスクとは、特定地域が抱える地理的な条件に関連する問題です。 具体的には紛争や経済制裁、テロ等が該当します。 地政学的リスクが高まると、経済の先行きも不透明となるため、為替相場にも影響を及ぼします。 地政学的リスクに対応するためには、各国の政治・軍事動向に関する報道に注意をはらう必要があります。 しかし、政情不安定な国では突発的に事象が発生するため、リスク管理は困難を極めます。 各FX会社で取引を行っていると、逐一ニュースやヘッドラインとして情報が発信されています。