儲かるFXガイド

IFD注文

IFD注文とは?

IFD注文とは、新規注文と決済注文を同時に行う注文方法です。 「〇〇円になったら新規で買って、その後〇〇円になったら決済したい」 と、新規から決済まで、自動で行ってくれます。 「チャートを見ながら注文する時間がない」 「利益が出ている内に、決済したい」 といった場合にお勧めです。 新規注文が約定しない場合は、決済されることはありません。

IFD注文の使い方

指値注文

例えば、現在のレートが1ドル100円だったとします。 99円で新規で指値の買い注文を行い、同時に101円で決済の売り注文を行います。 取引が成功すればチャートを眺めていなくても、2円の値幅を利益として得ることができます。 「安く買って、高く売る」 「高く売って、安く買う」 そういった場面で注文を行います。

逆指値注文

例えば、現在のレートが1ドル100円だったとします。 99円で新規で指値の買い注文を行い、同時に98円で決済の売り注文を行います。 残念ながら98円まで下がってしまい約定したため、1円の値幅が損失として確定してしまいました。 しかし現在のレートが97円だったことを考えると、損失の拡大を抑えることができています。 このように新規注文後に、逆指値注文を入れて損失を最小限に限定させる使い方もあります。

IFD注文の特徴

IFD注文の特徴は、あらかじめ注文を入れておけば、自動で取引を完了できることです。 例えば仕事が忙しく、チャートを見る時間もなく、取引注文を行えないこともあります。 そうした時に仕事に入る前にチャートを確認してIFD注文を行っておけば、自動的に決済まで注文を完了させてくれるのです。 新規注文が約定して、その後の決済レートをチャートを眺めながら決めていくことは、サラリーマンには困難です。 チャートを見なくても取引が完了できるIFD注文は、ぜひ覚えておきたい注文方法です。

IFD注文の注意点

IFD注文は指定したレートに達して、初めて約定します。 いくら事前に注文していても、約定してこそ効果を発揮します。 チャートを見続けていれば入れた新規注文も、あらかじめ事前に注文を行っているため、約定しないケースもあります。 逆に新規注文が約定したとしても、その後チャートを見ていない間に、損失が拡大する可能性もあります。 そのため、新規注文はやや深めに、待ち構えるくらいのレートで行うと良いでしょう。 約定しなかった時は、また戦略を練り直せば良いのです。 約定しなかったということは、最低限損失は出さなかったと、前向きに考えて次のトレードに向かいましょう。

IFD注文のおすすめ活用方法

IFD注文の有効な使い方は、「新規注文+逆指値注文」です。 利益が出ていれば良いのですが、備えておかなければならないのは、相場の予測が外れた場合です。 チャートを見続けることができない場面での注文であるため、まずは損失を限定させるストップ注文を行うことを重視しましょう。 もし、「新規注文+決済注文」を行っていた場合、予測通りに取引が完了すれば、知らない内に利益をもたらしてくれます。 しかし、相場が逆に動いてしまっていては、チャートを見てからでは取返しがつきません。 リスク管理の意味でも、「新規注文+逆指値注文」は積極的に使用すべきです。