儲かるFXガイド

IFO注文

IFO注文とは?

IFO注文とはIFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。 新規注文+利益確定注文+損切り確定注文と3つを同時に発注することができます。 例えば現在のレートが101円です。 「100円になったら新規で買いたい」 「約定後、101円まで上がったら売って利益を確定したい」 「だけど99円まで下がってしまったら損切りしたい」 といった場合に、これらの注文をまとめて行うことができます。

IFO注文のメリット

IFO注文は発注しておけば、新規注文から決済注文まで全て自動で行われます。 また決済注文では、利益確定と損切りのための2つの注文を行うことができます。 新規注文から決済注文まで自動的に約定しながら、損切り注文も行えることでリスク管理にも対応できます。 チャートを見続けることが難しいトレーダーにとっては、大変頼もしい注文方法です。

IFO注文の注意点

IFO注文は便利な注文方法に見えますが、デメリットも存在します。 まず組み合わせに1つであるIFO注文は、指定したレートに達しなければ約定しないことに注意が必要です。 現在のレートと大きく離れたレートを指定しても、なかなか約定しません。 また決済注文で使用するOCO注文は、約定時にスリッページが発生する可能性があります。 リスク管理のために設定したストップ注文も、想定以上の損失が発生する危険があるのです。 相場が乱高下している時は無理にIFO注文を行わずに、様子を見ることも有効な手法の1つです。