儲かるFXガイド

OCO注文

OCO注文とは?

OCO注文とは、レートが上がった場合と下がった場合の2つの注文を同時に行う方法です。 いずれか一方の注文が成立した場合、もう一方の注文はキャンセルされるので、損失を抱える心配はありません。 「現在のレートから注文を行いたいが、どちらに動くのか分からない」 そういった場合に、使用することが多い注文方法です。 トレーダーによっては、雇用統計や指標発表前などに敢えて注文を行い、短期的な利益を狙うケースもあります。

OCO注文の使い方

新規注文

現在のレートが1ドル100円です。 「99円に買い頃なので、下がったら新規で買い注文を入れたい」 「だけど101円は上がり過ぎなので、上がったら売り注文を入れたい」 こういった場合に新規のOCO注文で、買い99円、売り101円で注文を行います。 実際にレートが動いて、99円または101円どちらかのレートに達した時点で、約定します。 約定した後は、一方の注文はキャンセルされます。

決済注文

OCO注文は新規注文より、決済注文として活用される方が一般的です。 例えば100円で買ったポジションを、現在保有しています。 「101円になったら売って利益を確定させたい」 「だけど99円になったら危ないので、損切りさせたい」 こういった場合にOCO注文で、買い101円、売り99円で注文を行います。 こうしてOCO注文では、利益を確定させるための注文と、損切りのためのストップ注文を、同時に行うことができるのです。

OCO注文の注意点

スリッページが発生する可能性がある

決済注文でOCO注文を行う場合、ストップ注文の約定時にスリッページが発生することがあります。 スリッページとは、注文時のレートと実際に約定したレートとの間に生じるずれのことです。 例えばOCO注文でストップ注文の成立時にスリッページが発生すると、99円だったはずの損切りが98円で約定してしまうことがあります。 相場が大きく変動している時などはスリッページのリスクが高まります。 そのことも考慮して、取引を行いましょう。